結婚式の招待状の記載内容




友人から結婚式・披露宴の招待状を頂きましたが、記載内容から、結婚式から出席すればいいのか?披露宴から出席すればいいのか?よくわかりません。

その招待状の記載内容についてですが、招待状には以下のように書いてあります。
--------------------------------------------------
謹啓 新緑の候 皆様には益々ご清祥のことと
お慶び申し上げます
このたび        ○○ ○男
            □□ □子
が婚約し結婚式を挙げることとなりました
つきましては 幾久しくご懇情賜りたく 披露かたがた
粗餐をご用意いたしましたので ご多用中まことに恐縮
ではございますがご臨席いただきたく ご案内申し上げます
                   敬具
2003年 ○月 ○日

日時 ○月○日
   チャペル挙式 午後○時
   披露宴    午後○時
場所 ○○○○
--------------------------------------------------

以上です。
この招待状と返信用のハガキのみが封筒に入っていました。
常識的な内容だとは思いますが、結婚式とか披露宴にはあまり出席したことがなく判断がつきません。









回答

披露宴の案内⇒招待状本文にあり
挙式の案内 ⇒招待状本文とは別に挙式時間や何時までに来て下さいという付箋(フセン)をはさみます。

但しこれは一例で挙式案内の付箋がないからといって挙式には招待されていないとは限りません。お客様(新郎新婦)の要望や招待状のスタイルによってはpuusanのように招待状本文に挙式時間&披露宴時間の両方を記載する場合もあります。挙式の時間案内があるということは挙式にも列席してほしいという意味があるととらえたほうが良いでしょう。

また、神前式は親族のみで行うことが多いですがチャペル式はたいていの式場やホテルも席数が多いため、親族に限らず友人や勤め先の方々など出席者全員で行われることが大半です。

それでも本当のところどうなのか気になるようでしたら、本人には聞きづらいので、結婚式場に直接問い合わせてみるのが一番です!!



結婚式 ご祝儀
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。